Now Loading...

私たちの想い|世羅郡やぎ丸農場

私たちの想い

100年後の未来に残したいこと

100年後の未来に残したいこと

やぎ丸農場では、水稲、養鶏、酪農を組み合わせた小規模で持続的な循環型農業を行っています。

水稲、養鶏、酪農の三つをするということは非常に手間がかかり効率は悪いかもしれません。

 

しかし「大規模化=効率化」とならない、生産条件の厳しい中山間地域においては、小規模でも成り立つ農業が必要です。そういう農業形態の一つが稲作と畜産を組み合わせた循環型農業だと考え、試みています。

 

限られた土地、厳しい生産条件の中で、持続的に価値あるものを生み出し、豊かに暮らす方法の一つを見いだすことができれば、その生活様式自体が未来に残せるものとなるのではないかと考えています。

世羅(中間地域)を選んだ理由

世羅で農業をやるということは、中山間地域で農業をやるということであり、農地や農村の荒廃を防ぐ役目を担うということに大きくつながっていくと言えます。

 

中山間地域とは、平野の外縁部から山間地を指します。山地の多い日本では、このような中山間地域が国土面積の約7割を占めています。

この中山間地域における農業は、全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占めるなど、我が国農業の中で重要な位置を占めていますが、中山間地域は、傾斜地が多いなど生産条件が厳しく、過疎化・高齢化による農業の担い手の減少や耕作放棄地の増加など、地域の活力や多面的機能の低下が懸念されています。

 

ただ手法や考え方、循環型農業を進め生産性を高めることで、この日本で多くある中山間地域に向いているやり方を構築し、まずは私たちがお世話になっている世羅に生きた情報を残していければと考えています。

Bar伊右衛門

Bar伊右衛門

Bar伊右衛門は2010年にオープンした店で、やぎ丸農場をスタートさせてからは、農場で生産した卵やチーズをお出しする場であり、またチーズBARとしてチーズ好きの裾野を広げるための場としても運営しており、夫婦でチーズプロフェッショナルの資格を取得し、元々バーテンダーであった私もお店に立ち、チーズの説明をすることもあります。

 

ロケーションは、商店街の脇道にある隠れ家店で、店内は落ち着いた照明にウッドが優しく照らされています。

 

 

ドリンクは、「チーズ=ワイン」となりがちですが、ワインに特化はせず、私たちは色々なドリンクとチーズを合わせる楽しさを伝えていきたいと思っています。

所在地

〒720-0064 広島県福山市延広町2−13 東永ビル 2F

電話番号
084-924-0402
営業時間
火~金 19:00~01:00
※月曜祝日の場合、日曜営業